土砂災害・砂防とは?

土砂災害とは?

 大雨や地震などによって、山肌やがけが崩れたり、土砂や石混じりの水が谷や川から流れ出たり、火山の噴火などによって火砕流などが流れ出すことによって、人命や財産などが脅かされる自然災害です。
 土砂災害の主なものとして、「土石流災害」、「がけ崩れ災害」、「地すべり災害」、「火山災害」などがあります。
 土砂災害には、いろいろな前兆現象があります。
 また、恐ろしい土砂災害を防止するために、現在さまざまな対策が行われていますが、それだけでは十分に災害を防ぐことはできません。被害を最小限におさえるためには、ひとり一人が気象情報などに注意して早めに避難することが大切です。(いざという時の心構え)

「土石流」は?
谷や斜面に貯まった土・石・砂などが、梅雨や台風などの集中豪雨による水といっしょになって、一気に流れ出してくるのが「土石流」です。

「がけ崩れ」は?
地面にしみ込んだ水分が土の抵抗力を弱め、弱くなった斜面が突然崩れ落ちるのが「がけ崩れ」です。

「地すべり」は?
比較的緩やかな斜面において、地中の粘土層など滑りやすい面が地下水の影響などで、ゆっくりと動き出す現象が「地すべり」です。


砂防とは?

砂防とは・・・
・山の斜面が崩れるの防止する。
・がけが崩れるのを防止する。
・土砂が下流へ流れ出すのを止めたり、土砂の量を調節する。
・・・事によって、災害を未然に防ぐことです。

 代表的な施設として、砂防ダムがあります。
砂防ダムの効果
砂防ダムが土砂をとめる
流れてくる土砂を溜めて、流れをゆるくする。
砂防ダムに土砂が溜まって、勾配が緩くなる
洪水のとき、その上にも土砂が溜められる。
洪水で溜まった土砂少しずつ流れる
洪水で溜められた土砂は洪水後、少しずつ流れる。

砂防ダムの効果写真
高賀川(武儀郡洞戸村)
高賀川の砂防ダム(スリットダム) ダムが流木を捕捉

   大雨の後、砂防ダムが流木や土石を止めている状況です


閉じる
Copyright (C) Gifu Prefecture 2007. All rights reserved.